プログラミングのすすめ

プログラミングに関する情報サイト

~はじめてのC言語~ データの型一覧

データの型とは

前回「~はじめてのC言語~ データの扱い」で少しだけ紹介しましたが、
データの型とは、変数の"値"を示すものです。
int型は数値、double型は少数値のように使い分けます。

では、さっそく一覧を見ていきましょう。

データ型一覧

文字型

まずは、数あるデータの中でも「文字」を扱う際に使う型です。

整数型型指定 データ型 ビット幅 扱える数値の範囲
char 文字型 8bit -128 〜 127(符号付きの場合は0 〜 255)
signed char 文字型 8bit -128 〜 127
unsigned char 文字型 8bit 0 〜 255

整数型

数値の"整数"を扱う型

32bit環境や一部の64bit環境(LLP64(Win64))ではlong/unsigned long型の最大値と最小値がint/unsigned int型と同等のサイズになるため注意してください。

型指定 データ型 ビット幅 扱える数値の範囲
short 整数型 16bit -32768 〜 32767
unsigned short 整数型 16bit 0 〜 65535
int 整数型 32bit -2147483648 〜 2147483647
unsigned int 整数型 32bit 0 〜 4294967295
long 整数型 64bit -9223372036854775808 〜 9223372036854775807
unsigned long 整数型 64bit 0 〜 18446744073709551615
long long 整数型 64bit -9223372036854775808 〜 9223372036854775807
unsigned long long 整数型 64bit 0 〜 18446744073709551615

実数型

最後に"実数"を扱う際に使用するデータ型を紹介します。

型指定 データ型 ビット幅 扱える数値の範囲
float 実数型 32bit 1.17549e-38 〜 3.40282e+38(±10-38 〜 1038)
double 実数型 64bit 2.22507e-308 〜 1.79769e+308
(±10-308 〜 10308)
long double 実数型 128bit 3.3621e-4932 〜 1.18973e+4932
(±10-4932 〜 104932)

※ float(単精度浮動小数点数型) /  double(倍精度浮動小数点数型) / long double(四倍精度浮動小数点数)

データ型を扱う際に気を付けること

long型のサイズについて

現在の環境によりサイズは変わってきます。
例えば、32bitの環境や64bitの環境ではlong型とunsigned long型の最大値と最小値がint型とunsigned int型と同じサイズになるので注意が必要です。

long long型のサイズについて

long long型やunsigned long long型では32bit/64bitのいずれの環境でも64bit以上のビット幅で表現されます。だいたいの環境ではlong型と同じ64bit幅で表現されることが多いのですが、基本的には処理系の依存サイズになります。

char型の符号について

char型についてですが、コンパイルする環境によって符号付きか符号無しかに分かれることがあります。だいたいの環境では符号付き(signed char)と同じになっていることがほとんどなのですが、コンパイル環境や開発環境によって符号無しになることもあるので覚えておきましょう。

まとめ

今回はC言語におけるデータの型について解説しました。

 

いろいろ種類があってそれぞれ正しく扱う必要がありそうです。

 

データの方についてはビット幅などを考えて使う必要が出てきて、ちょっと難しくなってくる場所ではあるので、基本をしっかり押さえておきましょう♪

少し難しい内容になってしまいましたが、今後プログラミングを勉強していく中で「このデータ型はどうだったかな?」となったときに振り替えるようとしても使っていただければと思っています。

 


PVアクセスランキング にほんブログ村